こゆのときどき日記

美術館・読書・その他いろいろ。。。

【読書】出逢いの大学

概要 構成 ポイント 人と出逢う仕組みを作れ 気分をプラスに持っていくテクニック 初めてのお誘いは100倍の価値がある 感想 概要 タイトル:出逢いの大学 普通のサラリーマンが黄金人脈を作る法則 著者 :千葉智之 イラスト:中川ミナ 「人脈」、仕事や学…

【美術館】和田誠展(熊本市現代美術館)

概要 会場・期間 企画展開催概要 展示作品 年表柱 絵本 ポスター、週刊文春表紙 製作風景 まとめ 概要 会場・期間 会場:熊本市現代美術館 会期:4月23日(土)~6月19日(日) 企画展開催概要 トリスのキャラクターなどをデザインされた和田誠さんの企画展…

【読書】謝罪の技術

概要 構成 ポイント 謝る機会のプラスな面 ダブルバインドに要注意 思考の中断を誘うテクニック 怒られた相手に歩み寄ってみよう 感想 概要 タイトル:謝罪の技術 著者 :渋谷昌三 「謝罪する」できれば上手く済ませたいですが、なかなか難しいです。 自分が…

【美術館】五大浮世絵師展 – 歌麿 写楽 北斎 広重 国芳-(みやざきアートセンター)

概要 会場・期間 企画展開催概要 展示作品 喜多川歌麿 東洲斎写楽 葛飾北斎 歌川広重 歌川国芳 まとめ 概要 会場・期間 会場:みやざきアートセンター 会期:3月19日(土)~5月8日(日) 企画展開催概要 江戸時代の名だたる浮世絵師の作品の数々が展示され…

【読書】バビロンの大富豪

概要 構成 ポイント 黄金の「七つの知恵」 幸福ーそれは「労働の喜び」を知ること 感想 概要 タイトル:バビロンの大富豪 著者 :ジョージ・S・クレイソン 翻訳 :大島豊 有名な本なので、聞いたり、読んだりした方も多いかと思います。 古代都市バビロンを…

今月読んだ本(2022年4月)

概要 2022年4月に読んだ本 偉人たちのあんまりな死に方 マルチプル・ワーカー「副業の時代」 知識ゼロからの博物学入門 年収崩壊 お礼 概要 4月はこんな本を読んでいました。 2022年4月に読んだ本 偉人たちのあんまりな死に方 題名通り、あんまりな死に方の…

【読書】年収崩壊

概要 構成 ポイント 流れを変え始めた個人マネー がんばらないことの大切さ 感想 概要 タイトル:年収崩壊 格差時代に生き残るための「お金サバイバル術」 著者 :森永卓郎 低下していく年収の中で広がっていく格差、その中で自分の資産をどう守って楽しく生…

【読書】知識ゼロからの博物学入門

概要 構成 ポイント 尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館 いのちのたび博物館 宮崎県立西都原考古学博物館 感覚ミュージアム 感想 概要 タイトル:知識ゼロからの博物学入門 著者 :竹内誠(江戸東京博物館館長) 日本にある様々な博物館について著者がテーマを…

【映画】モービウス

概要 見どころ 感想 概要 天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。彼は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)の為にも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという…

【読書】マルチプル・ワーカー「副業の時代」

概要 構成 ポイント ケイパビリティと収入 複業事例:サイボウズ 感想 概要 タイトル:マルチプル・ワーカー「副業の時代」 著者 :山田英夫 早稲田大学の教授でもある著者が、副業について人生100年時代も踏まえて企業側、個人側の動きを述べています。 …

【読書】偉人たちのあんまりな死に方

概要 構成 ポイント 偉人の死体は盗まれる とにかく体液を抜いてみる 感想 概要 タイトル:偉人たちのあんまりな死に方 ツタンカーメンからアインシュタインまで 著者 :ジョージア・ブラッグ 訳 :梶山あゆみ 題名通り、あんまりな死に方の数々が紹介されて…

今月読んだ本(2022年3月)

概要 2022年3月に読んだ本 大好きなことをしてお金持ちになる 10年後の仕事図鑑 仕事がしんどくてヤバいと思ったら 転職・再就職1年目の働き方 会計の地図 お礼 概要 3月はこんな本を読んでいました。 (書くの遅れてしまいました) 2022年3月に読んだ本 大…

「会計の地図」を読んで

概要 構成 ポイント 9つの流れで説明する「会社のお金」 5つの流れで説明する「会社の価値」 日本の会社は「過小評価」されている 感想 概要 タイトル:会計の地図 著者 :近藤哲朗/沖山誠 監修 :岩谷誠治(公認会計士) 会計で使用する要素をすべて含ん…

【映画】ナイル殺人事件

概要 見どころ 感想 概要 全世界で20億冊以上を売上る「世界一売れた作家」アガサ・クリスティ原作。“世界一の名探偵”ポアロが挑む、エジプトの神秘ナイル川をめぐる極上の《ミステリー・クルーズ》。大富豪の美しき娘の新婚旅行中に、クルーズ船内で起きた…

「転職・再就職1年目の働き方」を読んで

概要 構成 ポイント 最初の目標は居場所の確保 違和感を指摘しない。まず受け入れる 派閥は知らないふりをしよう 感想 概要 タイトル:転職・再就職1年目の働き方 著者 :カデナクリエイト 監修 :俣野成敏 転職・再就職で新しい環境に向かっていく、始めの…

塔本シスコ展 シスコ・パラダイス(熊本市現代美術館)

概要 会場・期間 企画展開催概要 展示作品 「絵を描く私」「七五三のお祝い」「夏の庭」 「飼い猫のミー」 まとめ 概要 会場・期間 会場:熊本市現代美術館 会期:2月5日(土)~4月10日(日) 企画展開催概要 熊本出身、53歳から絵を描き始めた塔本シスコさ…

「仕事がしんどくてヤバいと思ったら」を読んで

概要 構成 ポイント 本当の目的から目をそらさないように 副部長の残した教訓 未来の広さを感じるには 心にいつもホワイト上司 感想 概要 タイトル:仕事がしんどくてヤバいと思ったら 著者 :汐街コナ 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ…

「10年後の仕事図鑑」を読んで

概要 構成 ポイント くら寿司の”半人力化・半機械化”がこれからの最適解 「働くこと」の未来 「君にしかできない」状況を作り出せ 感想 概要 タイトル:10年後の仕事図鑑 著者 :落合陽一 堀江貴文 堀江貴文さんと落合陽一さんの対談本です。 これからのテク…

「大好きなことをしてお金持ちになる」を読んで

概要 構成 ポイント 大好きなことで成功するメカニズム お金のIQ、お金のEQ 金持ち父さん貧乏父さんについて 感想 概要 タイトル:大好きなことをしてお金持ちになる あなたの才能をお金に変える6つのステップ 著者:本田健 好きなことをして、そしてお金持…

今月読んだ本(2022年2月)

概要 2022年2月に読んだ本 日本再興戦略 「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。 史上最強の哲学入門 仕事に使える!棒人間図解大全 お礼 概要 2月はこんな本を読んでいました。 2022年2月に読んだ本 日本再興戦略 メディアアーティスト…

「仕事に使える!棒人間図解大全」を読んで

概要 構成 ポイント 脊椎(背骨)を意識しよう 魚の軸に足をつける、腕をつける 膝関節の基本 感想 概要 タイトル:仕事に使える!棒人間図解大全 著者 :MICANO 簡単になんとなくで描けてしまう棒人間ですが、ちょっとしたコツで上手くなったり、表現の幅が…

「史上最強の哲学入門」を読んで

概要 構成 ポイント [真理]カリスマ的人気のMr.インテリ サルトル [国家]文明社会を批判した倒錯者 ルソー [神様]現代キリスト教の立役者 アウグスティヌス [存在]言語に革命を起こした ソシュール 感想 概要 タイトル:史上最強の哲学入門 著者 :…

「あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。」を読んで

概要 構成 ポイント 社畜の分類学 小学校の段階から社畜教育は始まっている 感想 概要 タイトル:「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。 著者 :日野瑛太郎 イラスト:深川直美 会社から酷使されてつぶされないように、社畜にならないた…

「日本再興戦略」を読んで

概要 構成 ポイント 士農工商 人口減少・高齢化はチャンス 感想 概要 タイトル:日本再興戦略 著者:落合陽一 メディアアーティストや筑波大学の教鞭をとったりと多彩に活躍している著者が考える日本再興の戦略が述べられています。 将来予測など面白い内容…

今月読んだ本(2022年1月)

概要 2022年1月に読んだ本 会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 ダメだ!この会社 理系脳で考える ビジネスエリートになるための教養としての投資 お礼 概要 1月はこんな本を読んでいました。 2022年1月に読んだ本 会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起…

「ビジネスエリートになるための教養としての投資」を読んで

概要 構成 ポイント 労働者2.0 時間・お金・能力の配分 有能の境界線 感想 概要 タイトル:ビジネスエリートになるための教養としての投資 著者:奥野一成 農林中金バリューインベストメンツ株式会社CIOの著者が自らの投資哲学を述べるとともに、投資家目線…

「理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件」を読んで

概要 構成 ポイント 理系脳とは? 出来た時間は自堕落に過ごせ 感想 概要 タイトル:理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 著者:成毛眞 これから生き残るのは理系脳の持ち主である。 理系脳の持ち主はどんな人なのか? 理系脳を手に入れるために必要な…

「ダメだ!この会社」を読んで

概要 構成 ポイント 外資はタフでないと務まらない 労働組合の委員長が出世する会社 若手が妙に会社を褒めている いい会社の見分け方は 感想 概要 タイトル:ダメだ!この会社 著者 :倉田真由美 山崎元 ダメ男とダメ会社は似ているのではないか。 そのコン…

始動

お休みしたんで、そろそろ始動します。 ぼちぼち頑張り始めるぞ!

「会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業」を読んで

概要 構成 ポイント 感想 概要 タイトル:会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 著者:新井一 小さなことから少しずつ、自分のビジネスをはじめて起業するためのヒントが述べられています。 第一歩を踏み出すための考え方から、少ない時間を上手く活用す…