こゆのときどき日記

美術館・読書・その他いろいろ。。。

ウィリアム・モリス展(周南市美術博物館)

概要

会場・期間

会場:周南市美術博物館

会期:11月6日(金)~12月20日(日)

f:id:koyux:20201107175254j:plain

twitter.com

企画展開催概要

 久々の周南市美術博物館の企画展です。

 ウィリアム・モリスが手掛けた、デザインの数々を人生の変遷とともに楽しむことができます。

 ウィリアム・モリス(1834-96)は19世紀イギリスを代表する

芸術家の一人で、「モダン・デザインの父」とも称されています。

彼は手仕事から生まれる自然の美しさを生活の中に取りいれた

「アーツ・アンド・クラフツ運動」の先駆者として知られ、その

デザインは150年以上経た今も世界中で愛されています。

 

 本展では、彼のデザインのインスピレーション源となった

英国の風景を、写真家・織作峰子氏の写真や映像によって紹介し、

そこで生まれたテキスタイル・壁紙・家具・書籍など約80点を

展示します。

◇予告◇ ウィリアム・モリス展 | 周南市美術博物館blog

展示品

世界のかなたの森(ウィリアム・モリス

『世界のかなたの森』 ウィリアム・モリス 1894年
ケルムスコット・プレス刊 
「書物というものはすべて〈美しい物〉であるべきだ」という

モリスの信念のもと、美しい活字で、美しい用紙に印刷され、

美しい装丁で製本された。

◇予告◇ ウィリアム・モリス展 | 周南市美術博物館blog

いちご泥棒(ウィリアム・モリス

《いちご泥棒》 1883年 デザイン:ウィリアム・モリス
藍以外の色を取りいれた最初のテキスタイル。高度な技術と長い
日数が必要とされ、モリス商会が扱う木綿プリントの中では最も
高価なものの一つ。

カフェテラス・まど

 ウィリアム・モリス展限定のメニューもあります。

 美味しいですので、行かれた際は是非食べてみてください。

f:id:koyux:20201107175531j:plain


 

まとめ

 綺麗なデザインをたくさん楽しむことができます。

 現代でもあると手に取ってみたくなるようなばかりで、一見の価値ありだと思います。

 近くにお住まいの方はぜひ行ってみてください。

s-bunka.jphttps://twitter.com/shunan_bihaku