こゆのときどき日記

美術館・読書・その他いろいろ。。。

「ここではないどこかに、自分の居場所や働きがいのある職場を探しているあなたへ」を読んで

概要

タイトル:ここではないどこかに、自分の居場所や働きがいのある職場を探しているあなたへ

著者:秋田稲美

 自分の仕事の現状に悩んでいる20代、30代に向けて「自分軸」を持って生きていくための方法を伝えてくれます。

今の職場をあきらめたり、見捨てたりしなくても、

うまくいかない「今」を抜け出して、

新しい自分に変われる方法があるのです。

それは、「自分の人生を自分軸で生きる」姿勢を持つこと。

あなたがあなたであることを大切にしながら、

仕事の迷いや不安、怒りを解消して、

元気に働けるようになる方法です。

この本では、働く若い人たちの悩みに答えながら、

「自分軸」で生きられるようになる方法を

お伝えしていきます。

(p9-11)

構成

はじめに 

第1章  「とにかく、上司がイヤだ!」と思っているあなたへ

第2章  「自分なんて、ダメダメ」だと思っているあなたへ

第3章  「会社は信用できない」と思っているあなたへ

第4章  「これからのキャリア・デザインに悩む」あなたへ

第5章  幸せに働き、幸せに生きるための「5つの誓い」

おわりに

 読むきっかけ

 仕事をしてると何か違うとか思うことがあります。

 そういう時、どうしたものかと思い本書を手に取ってみました。


GLAY / ここではない、どこかへ

 感想

 ここにいる自分をどうやって向き合って行くか参考になると思います。

中でも

「新しいミッションに取り組んでいく」

「幸せに働き生きるための5つの誓い」

は印象に残りました。

私たち人間という商品も、

下積み時代 → 活躍期 → 安定期

を経て、衰退に向かう曲線を描きます。

 しかし、すべての人が商品の成長曲線と同じように、年をとったら衰退してしまうかというとそうではなく、年をとってから活躍する方も大勢いらっしゃいます。

(中略)

下積み時代から活躍期に入ったあたりで、まったく別のミッションに対し、下積み時代から活躍期に入ったあたりで、まったく別のミッションに対し、下積みを始めるのです。

 だから、一つ目のミッションが安定期を経て衰退に向かっても、二つ目のミッションが活躍期に入るので、結果として、成長し続けることができるのです。

(第2章「自分なんて、ダメダメ」だと思っているあなたへ p98)

 幸せに働き、幸せに生きるための「5つの誓い」

誓い1→「運動」を日常生活に取り入れる

誓い2→「誰と食べるか」を大切に「食事」をする

誓い3→「休息」でエネルギーチャージをする

誓い4→仕事だけでなく「仲間」との時間を大切にする

誓い5→人生は「今日」の集まり、今日一日を大切にする

(第5章幸せに働き、幸せに生きるための「5つの誓い」 p198)

 きついけど、今いるところでがんばろうと思っている方には、お勧めできるかと思います。

 ご一読ありがとうございます。